屋形船に両親を招待した

私の両親は今年で結婚30周年を迎えます。私が小学生だったときは夫婦喧嘩が絶えず、私は本当に居心地が悪い気持ちで過ごすことが多かったです。しかし何故か中学生になったころから夫婦仲が良くなったので家に帰るのが楽しくなった記憶があります。大人になってから母に何故喧嘩ばかりしていたのかと尋ねると、父が賭け事にお金をつぎ込むことが多くてそれが原因で喧嘩をしていたとのことですが、すっかり足を洗ったので仲良くなったそうです。そんな私の両親に感謝の意を込めて食事をご馳走することにしました。奮発して屋形船でのディナーにしました。私自身も屋形船に乗るのは初めてだったのですが、経験をしたことがある友人によると若い人はそうでもないけれど親世代はその雰囲気を喜んでくれるよとのことだったので選びました。友人の言う通り、両親は本当に感激してくれたので嬉しかったです。

屋形船でみんなで楽しもう

忘年会や新年会など、みんなでお酒を楽しむイベントには、是非屋形船を貸切ましょう。船の中から、ゆっくり景色を楽しみながら、食事やお酒を楽しむことが出来ます。みんなで交流を深める為にも、景色も一緒に楽しむことが出来るのでみんなで盛り上がりましょう。屋形船はお店で食事をするのとはまた違った魅力があります。ゆっくり船に乗りながら、水の流れに癒されましょう。きれいな景色と楽しい時間は、みんなと一緒にすごせばより一層楽しむことが出来るでしょう。昼間は周りの景色もはっきり見ることが出来、楽しむことが出来ますが、夜もまた景色を楽しむことが出来ます。夜は船からきれいな夜景を楽しむことが出来、ライトアップされた建物がキラキラ輝き、より一層お酒が進むでしょう。是非そんな船の時間をみんなで楽しみましょう。きっとすてきな時間が過ごせるでしょう。

以外と知られていな屋形船の魅力とは

屋形船とは、和船の一種で船の中での食事や宴会を楽しむ船のことを言います。古くは平安時代で始まり、江戸時代になると各大名などが川からみる月見や、花見などを楽しんでいたといいます。現在の屋形船は全長が20mぐらいで、乗員数は15~80名ぐらいで、基本は貸切で利用することが多いです。少数の人数でも乗合という形で乗船することができ、最小では2名から利用できるものもありますので、カップルでの思いで作りには最適ではないでようか。夕方から夜にかけて屋形船が並ぶと綺麗なものです。船の上での食事や宴会は格別で飲食が進むのは間違いないでしょう。また、船の上から見る花火はいつも陸から見る花火とは一味違ったものでいい思い出になるのではないでしょうか。万が一ですが、船酔いする方はあらかじめ宵止め薬を飲んでからは乗り込んだ方がいいかもです。

No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*